2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.22 (Mon)

百害あって一利なし

今日からまた1週間始まりますね´д`トホホ
私は今日はタバコの害について職域のイベントで健康教育してきました。

私自身はタバコを吸わないので、これまで禁煙などあまり興味を持たなかったせいもあり、午前中に必死に文献をあさり、タバコの害について学びました。

私は以前までは、タバコの害と言えば、肺がんリスクが高まることや、動脈硬化による心疾患のリスクが高まること、妊婦の喫煙での低出生体重児やIUGR(胎児発育遅延)、乳幼児突然死症候群でした。

今回は、タバコの成分(ニコチン、タール、一酸化炭素)などの害を勉強したたばこ
ニコチンによる依存性のために、多くの喫煙者は禁煙に失敗すると言われています。ですから最近はやりの禁煙外来では、医師の介入の下、ニコチンの量を徐々に減らすなどの治療が行われます。ニコレットなどのガムもニコチンをコントロールするために開発され、薬局などで簡単に手に入るようになっています。
タールは発ガン性があるため、これにより肺がんなど全身の各所でガンのリスクが倍増、いや何倍にもなっています。咽頭がんに限っては非喫煙者に比べ32倍になるそうですよびっくり
経口避妊薬であるピルを服用している人は、タバコを吸う、もしくは受動喫煙することでかなりの確立で乳がん、子宮がんになりますね。ですから医師がピルを処方するときには必ず喫煙の有無を確認しますし、定期的ながん検診を受けるように指示されます。
一酸化炭素は、血液中で酸素を運搬する役割のあるヘモグロビンとくっつきやすく、酸素とくっつくのを邪魔してくれちゃいます。ですから酸素が全身に回りにくくなります。喫煙者は手足が冷たい方いますよね。。。

こんなことを今日は工場で働く方々に説明し、禁煙を啓発してきました禁煙

忘れてはいけないのは、今は受動喫煙防止が法律で規定されており、公共の場などの人が集まるような場では、喫煙を禁止するか、喫煙者を一定の区域でしか喫煙させないようにする分煙を事業主などに義務付けています。
もし周りで喫煙をしていて迷惑だと感じたら、このことを盾にして喫煙をやめさせちゃいましょう。
にほんブログ村 その他ブログへ
スポンサーサイト
EDIT  |  21:46  |  男・保健師日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。